読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Murayama blog.

プログラミングと、その次の話

Parse - Cloud Code - Development vs Production

Development vs Production

公開配布用のプロダクションアプリケーションとは別に、新しいコードを試すための開発用アプリケーションを使用できます。

Adding a New App to a Project

プロジェクトにリンクした複数のアプリケーションが必要になります。parse newコマンドは、プロジェクトに最初のアプリケーションをリンクさせます。parse add [alias]コマンドを使えばアプリケーションを追加することができます。

$ parse add production
Email: pirate@gmail.com
Password:
1:PiecesOfEightCounterProd
2:PiecesOfEightCounterDev
Select an App: 1

上記のサンプルでは、Cloud CodeプロジェクトにPiecesOfEightCounterProdアプリケーションをリンクさせています。また、アプリケーションを参照するproductionという新しい名前でエイリアスを作成しました*1

Developing Cloud Code

新しいコードを開発する間、コマンドラインツールのdevelopコマンドを利用すると、プロジェクトの更新を検知して差分をCloud Codeにアップロードするようになります。コマンドは次のようになります。

$ parse develop development
E2013-03-19:20:17:01.423Z] beforeSave handler in release 'v1' ran for GameScore with the input:
  {"original": null, "update":{"score": 1337}}
 and failed validation with Each GamesScore must have a playerName
New release is named v58
I2013-03-19T20:17:10.343Z] Deployed v58 with triggers:
  GameScore:
    before_save

更新をPUSHするdevelopmentコマンドは、明示的に使用する必要があります。これは誤ってテストしていないコードをプロダクションアプリケーションにアップロードしてしまうのを避けるためです。コマンドラインツールは、更新の都度メッセージを表示します。終了するにはCtrl-Cをタイプします。

Deploying Code to Production

コードのアップデートとテストが完了したら、deployコマンドを使ってプロダクションアプリケーションにデプロイできます。

$ parse deploy production
New release is named v2

*1:試してみたけどコマンドの引数にエイリアスが使えない。。